私と英語

去年の5月からイーオンに通っている。レッスンはグループレッスンで、テキストのご紹介 にある CHECKPOINT, Viewpoint をそれぞれ4ヶ月で終わらせて、いまは ビジネス英会話コース にある Aspire になった。Aspire は上級者向けのクラスで、あがる前に「難しいかもしれないので、一度これをはさんでみませんか?」と別のクラスをすすめられたりもした。結局そのまま受けているけど、たしかに難しい。英会話学校のシステム上、このクラスに人がたまりやすく、誰が休んで誰が来るかによってレベルにばらつきがある。

最初の8ヶ月は平日の会社が終わった後と土曜の週2回、それぞれ1時間ずつクラスをとっていた。いまは土曜日に2時間連続でとっている。どっちが良かったかというと難しい。英語に触れる日が多いほうが良い気もするけど、休日にきちんと予習をして望むのもいい。逆にいうと、平日にあったころは予習が足りなかった。

先生にはめぐまれている。とくに最初の先生は熱心で、やめる理由も「本社に行って教材をつくる側にまわる」というのでびっくりした。この先生とは初対面のときになぜか Lawrence Lessig の話をひとしきりして、やめるときには "The Future of Ideas" のペーパーバックをもらった。日本人の先生も単発で何回か経験したけど、日本語ができる人に英語でがんばって話すのは、どうしても変な感じがして苦手だ。

効果はどのくらいあったんだろう。2010年に645点だったTOEICが750点になったのはよかった。でも2009年に605点だった (あの生活でも +40 はしていた) ことを考えると、費用対効果はどうなんだろうとも思う。RubyKaigi や東京 Node 学園、楽天テクノロジーカンファレンスのようなイベントで、日本語を話せない人に話しかけたいときに「あれだけお金はらっといて今更はずかしいとかいってる場合じゃないだろ」と自分のケツをたたくことはある。

英語はしばらくは勉強し続けないといけないと思うので、どういう勉強法が自分にあっているかは色々比較したい。この英会話学校は一年契約がもうすぐ終わるのでそこで一回とめて、次は Skype 系を試すつもりでいる。

本当は先生がいないあいだ、通勤時間とか家にひとりでいる時間とかももっと英語にふりわけなくてはいけないんだろう。通勤中に瞬間英作文をやってみるとか、家でフォニックスとか、朝にスターバックスで TOEIC むけの文法の問題集をとくとか、どれもなかなか続かない。去年に英会話学校に通い始めたのは、そういう自制心のなさを見越してのことだったんだけど、これは一種の頭の悪さに対する税金なので、いつまでもそうしているわけにはいかないなあと思う。